ハグルマの封筒を作成するメリット|低コストが魅力

様々な用途がある

ビニール袋

簡単に注文できる

商品のパッケージや、ダイレクトメールの封筒など、OPP袋というものをしっていますか。中身が濡れにくく、外から中身が見えるため販促として利用されています。OPP袋は市販されているものもありますが、インターネットで簡単に注文することもできるんです。OPP袋は、透明であることが特徴で、ダイレクトメールやチラシなどを入れることで宣伝効果が高くなります。ネットショップでは、サイズがとても豊富なため、必要な物が手に入れやすいです。封筒として利用する場合、片面が白い印刷がされているものを利用すると、手書きができるようになります。もちろん印刷で社名やイラストを入れることもできます。また、商品パッケージのOPP袋では、フックにかけられるようになっているものや、空気が抜けるように穴が開いたものがあります。OPP袋を業者に依頼するときは、必要なサイズを注文するのですが、厚さを選べる場合があります。そういった点でコストの調整ができます。また、印刷方法も選べる業者あり、ここでもコストの調整が可能です。最近はティッシュなどの定番の販促品に代わって、OPP袋を利用した新しい販促品が登場しています。それは、マスクやカイロです。ネットショップでは、マスクを入れるOPP袋のみの販売や、OPP袋にマスクがセットされたものが選べます。このように、OPP袋は用途が広く、ネットで簡単に注文できることや、サイズや形の種類がとても豊富というメリットがあります。