ハグルマの封筒を作成するメリット|低コストが魅力

オリジナルデザインで

袋

予算で選べる

OPP袋は、ポリプロピレン製の袋のことで、手紙や商品の封入に使用されます。透明度か高く、中身が見えやすいので、様々な用途に使用されています。OPP袋は、ポリプロピレンのフィルムを縦方向と横方向に延ばして作られています。CPPと言われる引っ張る力に強い素材に比べると、継ぎ目からは裂けやすい特性があります。OPP袋は、サイズも種類も幅広く、まちのあるものや、手提げタイプもあります。ヘッダーのついたタイプは、フックに引っ掛けることができるので、100円ショップやバラエティショップなどでよく使用されています。OPP袋は、封筒としてもよく使用されますが、社名や連絡先をOPP袋に印刷することで、事務作業の効率化がはかれます。中に封入するものに、送り先の住所を記載すれば、宛名シールを貼る手間が省けます。また、OPP袋は紙製の封筒に比べて、ハサミ等を使用する必要がなく、中身が見えやすく開封しやすいです。花柄やストライプなどが印刷されたOPP袋もあり、ラッピング等に利用できます。データを入稿すれば、オリジナルの図柄などの印刷もできます。グラビア印刷では、単色でもフルカラー印刷も可能です。オフセット印刷は、グラビア印刷に比べて版代が安く、片面印刷が2色まで使用することができます。一枚当たりの単価がグラビア印刷に比べて安くなります。1000枚くらいから注文することができます。他にも箔押し印刷などがあります。